病気が原因で変化する体臭

自分では気付き難い体臭は、多種多様な原因により変化するとされ、数多くの病気が原因でも変化している事が様々な研究により解明されています。日本人の死因No. 1のガンは、ガン細胞がもつ独特の臭いを発するとされ、体内で糖のエネルギー分解が正常に行われていない糖尿病患者からは甘い臭いがするとされています。又、胃などの消化器官で消化吸収が正常に行われていない場合には、卵の腐敗臭や硫黄の様な口臭を発し、肝臓の機能障害患者はオルニチン回路が正常に機能し無い為にアンモニウム臭やネズミ臭、カビ臭に類似した不快な臭いを発するとされ、体臭で病気を判別する事も出来るとされてています。

食事の変化は何かの病気のサイン

普段食事をしている中に、嗜好の変化を感じて、もしかしたら自分は何か病気なのではないか?と心配する人がいます。または、家族など身内の人が、このような症状があるかもしれません。このような症状がある場合、病気を疑う事も考えられます。しかし、若い頃は肉系をよく食べていたけど、歳を取るにつれて、魚を好むようになったり、さっぱり系を食べたくなるというのは特に問題はないですが、特に、家族にお年寄りがいる場合、さっぱり系を好んでいたのにも関わらず、肉系の脂っこい物を好むようになった場合、何かのサインかもしれません。

↑PAGE TOP