パーキンソン病の治療について

パーキンソン病は脳の神経伝達物質であるドーパミンがなんらかの原因によって減少してしまうことで発症してしまう病気で、ドーパミンが減少することにより脳の神経細胞が減少してしまい筋肉が固まってしまったり思うように体が動けなくなるなどの症状を引き落とします。パーキンソン病の治療としてはドーパミンの原料となる物質を内服にて補充する方法が一般的です。また発声練習や体を動かすなどのリハビリテーションも一定の効果を持ちます。

↑PAGE TOP