摂食障害とはどんなものか

摂食障害とは拒食症、過食症などとも呼ばれ、ダイエット、受験などの失敗で自信喪失をきっかけに発症することが多いとされています。過食症と拒食症の間に過食嘔吐と呼ばれ、激食べしてから吐き出すという症状もあります。摂食障害そのものには命の危険性はありませんが、合併症を発症する場合があります。異常であるかどうかがわかりにくい心の病気で、アルコール、家族、心理、症状などから専門家が治療方法を決定することになります。

↑PAGE TOP