眼瞼下垂が気になったら名医に

眼瞼下垂は先天的なものと後天的なものの2種類に大きく分けられます。大人になってから治療を必要とするものの多くが加齢性のものです。まぶたを上げ下げする筋肉がゆるむ状態で、すぐには発症しませんが、時間をかけて次第に眼が開けにくくなります。治療は手術が中心となりますが、現在では日帰りの手術も可能になっています。また、最近では切らない治療法もあるようです。眼にメスを入れるなんて、と思う方も多いと思います。納得した治療を選択するためにも、名医に相談したいものです。

↑PAGE TOP