肝機能障害とはなにか

肝機能障害は自覚症状がないことが多く、ある程度障害が進んだ状態で見つかることが多い病気です。主な種類には脂肪肝や肝硬変、肝がん、肝炎があります。肝炎にはさらにアルコール性とウイルス性とにわかれますが、アルコールを摂取していなくても肝炎になることがあります。肝機能障害を起こし、進行してしまうと倦怠感や黄疸、腹水といった症状が起きてきます。肥満が原因の一つでもあるので暴飲暴食をさけ、規則正しい生活を送るようにしましょう。

↑PAGE TOP