正しい歩き方で膝の痛み予防

膝の痛みの原因は、加齢による骨の新陳代謝の低下や軟骨へのストレスで痛みが起きます。軟骨のストレスは冷えや肥満、過去にした怪我や運動や仕事による膝への負担のことです。膝の内側の筋肉が弱くなってくると、痛みを感じるようになります。この痛みは放置しておくと、歩くことが困難になるときがきてしまいます。そうならないためにも、毎日の歩行を正しい歩き方にしていくことです。前に足を出した時に膝が伸びていることが大切です。そして、かかとから地面に足をつくことです。いつまでも自分で歩ける健康な身体作りをしていきましょう。

↑PAGE TOP